高校留学の1つにサマースクールがある

高校留学でおすすめなのが、6月から8月下旬の時期に2週間~8週間の期間で実施されるサマースクールです。サマースクールは、学習だけでなく芸術やスポーツなどその国の文化に触れることが出来ます。

高校留学の中では期間は短めですが、サマースクールに行ったことで将来長期留学をすることを決めた人や語学や異文化に興味を持った人もいます。世界各国から一つの学校に集まってくるので日本で勉強しているだけでは、出会うことの出来ない人や経験をすることが出来ます。どのプログラムでも自主性や積極性が必要になってくるので、自分で考え自分で行動をすることで、新たな自分との発見に繋がる可能性もあります。サマースクールの種類としてまず挙げられるのが、英語研修タイプのサマースクールです。

英語研修タイプは午前中に3時間程度の英語の授業を少人数制で受けて、午後からは午前中に勉強したこと直ぐに実践する素晴らしい機会となります。サマースクールは短期留学になりますが、初めに英語力テストを行いクラス分けをするので、授業についていけずに困ることはありません。また授業も少人数制なので分からなければ気軽に質問をすることが出来る環境です。

総合的な英力の向上を目指して、無理なく勉強に取り組むことが出来ます。この他にも様々なコースがあるので、自分に合った学校を見つけましょう。このように高校留学をする方法は色々あるため、留学をするか悩まれている方もまずは短期留学から挑戦することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です