高校留学のデメリットを知ろう!

近年、留学をする学生が増えてきており高校留学など、比較的若い内から海外に行くことが普通になってきました。
しかし、高校留学はメリットだけでなくデメリットもあり、このデメリット面を理解しておくことでより充実した留学生活を送ることが出来ます。まずデメリットとして挙げられるのが、費用が高く大学に通うくらいのお金が必要になります。

日本の公立校であれば費用はとても安く、年間で20万円から30万円ほどです。さらに授業の無償化が進んでいるので、本人負担がほとんどなくなっています。しかし、海外では日本で高校生をしている時のような政府からの援助を受けられない国が多いです。
例えば人気国であるカナダは、留学生を外国人と見なしているので、援助金はありません。
公立高校に通う授業料だけでも、年間で約100万から150万円が相場になります。授業料だけでなくホームステイ費や学生寮、食費、教材費、交通費などを合わせると年間で200から250万はかかると言われています。そのため、大学進学を見据えておりお金を蓄えたいという方にはデメリットだと考えられます。

続いて挙げられるのが、日本にいる時よりも危険度が高いことです。
海外は犯罪件数が高く巻き込まれやすいので、日本にいる感覚でいると危ない目にあう危険性があります。
このように高校留学をするとメリットだけでなくデメリットもありますが、しっかりと理解しておくことでより充実した高校留学をすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です